不当表記で社長が逮捕!FORCE・TheGOLDを販売していた株式会社インスパイア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
精力剤ナビコラム写真

精力剤業界に激震が走ったニュースが、2016年6月に報道されました。
ここ数年莫大な人気を抱いていた精力剤「The GOLD」「FORCE」を販売している会社から、社長をはじめとする逮捕者が出たのです。

その後、続々と精力剤ランキングサイトからThe GOLDの掲載が取り下げられました。第一位に掲載していたサイトも多くあった記憶ですが、現在は軒並み取り扱いをしていません。

なぜ、人気トップクラスの育毛剤でこのようなことが起こったのでしょうか。
逮捕の理由と、消費者として気を付けるべきポイントを解説していきましょう。

精力剤販売会社の社長・社員が逮捕された理由

逮捕されるって……
そんなに悪いことしたの!?

簡単に説明すると、

・本来ならば医薬品ではないと、明確な効果をうたってはいけない

・しかし、医薬品の認定を受けていない=効果の強い成分が入っていない精力剤にもかかわらず、明確な効果がある製品かのように宣伝・販売していた

……というのが逮捕の理由です。
とはいえ、それだけですぐ逮捕!なんて物騒なことはないので、+αの要素があったことがうかがえます。

逮捕されたのは、株式会社インスパイアの社長・社員2人の計3人。容疑は「医薬品医療機器法違反の疑い」でした。

「医薬品医療機器法」の違反とは?

カプセル
医薬品医療機器法とは、一昔前は薬事法と呼ばれていたものです。

医療機器と医薬品に関する法律で、精力剤にまつわる内容としては、医薬品以外では「精力がつく」といった表現を広告ではしてはいけない、となっています。

しかし今回逮捕につながったThe GOLDでは、販売ページに「男性ホルモン生成力を高める」や「確実に回復します」など過剰な表現がありました。こうした表現が抵触していたと考えられます。

違反してすぐ逮捕?…いいえ、おそらく違います。

通常は厚生労働省から企業へ勧告がきて、対応を迫られるものです。
大手企業であっても、販売停止や商品回収などの行政処分を下されているニュースをあなたも聞いたことがあるでしょう。

しかし今回いきなり逮捕のニュースが流れた理由は、厚生労働省からの勧告を無視し続けてしまったか、他精力剤販売会社への見せしめでは、と業界では噂されています。

なぜ代表だけでなく社員も逮捕されたのか?

サプリメントアドバイザー認定証
サプリメントアドバイザー認定証
代表の小檜山良氏は、日本ニュートリション協会 サプリメントアドバイザーという肩書も持っていました。
この肩書を信頼の担保にし、購入者だけでなく社員も扇動させていたようです。

逮捕された社員は「会社の指示でやった。違法性の認識はなかった」と証言しています。代表は「他社との競争があり、売り上げをアップするためにやった」とおおむね容疑を認めているため、社長の指示のもと、社員が広告表現を推し進めていたことが推測されます。

今回、社長のみならず社員まで逮捕されたのは、実行に関わった人物だったためでしょう。

責任者だけでなく広告表現に携わった人も逮捕されたことで、各精力剤ランキングサイトもより表現についてはセンシティブになり、逮捕のきっかけとなった「The GOLD」のみならず「FORCE」さえも一気に扱わなくなったのでした。

市販の精力剤はあくまでも「サプリメント」

じゃぁ、逮捕された理由が広告表現ってことは、精力剤の成分には問題なかったということ?

そうです。過大な広告が原因で逮捕されたので、商品自体には大きな問題はありません。

ただしあくまでも、サプリメント=健康食品。
医薬品のような即効性・確実性は保証されていません。


服用効果は医薬品と異なることを理解して使用していきましょう。

多くの市販精力剤はサプリメント=健康食品

精力剤には医薬部外品もありますが、多くはサプリメント=健康食品として分類されます。それに対し、医薬品であり、医師によって処方されるED治療薬は、バイアグラなど即効性があり・副作用もあるものです。

サプリメントや医薬部外品に副作用がないわけではありませんが、体質から整えることを目的としており、効果は穏やかであることが特徴です

ED治療薬と市販精力剤の違い

カプセル使用
●ED治療薬は、勃起させるためだけに働く
即効性があるが、精力が上がるわけではない

●精力剤は、勃起させられる身体になるよう、体質を整えて精力全般を充実させる

ED治療薬と市販精力剤の違い

●ED治療薬は、勃起させるためだけに働く
即効性があるが、精力が上がるわけではない

●精力剤は、勃起させられる身体になるよう、体質を整えて精力全般を充実させる

勃起力だけを問題視しているのであれば、ED治療薬は効果的ですが、即効性はあるものの感度が鈍くなり、射精に至りにくくなるケースもあるようです。

精力剤は体質改善から行うため、「確実に勃起する」などの広告表現は確かに当てはまりません。しかし、精力剤の選択は性生活においてメリットが高く、多くの精力剤が販売されている理由なのです。

今回のニュースは衝撃でしたが、消費者を守るための動きの一つ。この事件によって多くの発売会社やランキングサイトが襟を正し、広告表現が改善されるキッカケとなりました。

購入検討中のみなさんも、自分が購入すべき商品はサプリメント・医薬品なのかどうか、どのような効果を求めているのか、正しい知識と姿勢をもって選んでいきましょう!

今回とりあげたニュース

男性の性機能改善に効能があるとうたって未承認薬を販売したなどとして、警視庁生活環境課は9日までに、医薬品医療機器法違反の疑いで東京都港区の健康食品販売会社「インスパイア」の社長、小檜山良容疑者(37)と社員2人の計3人を逮捕した。

 同課によると、同社は2010年11月~昨年6月、インターネットで「男性ホルモン生成力を高める」などとうたい、未承認薬「The GOLD」を1箱約1万3千円で全国の1万7千人以上に販売し、約5億6千万円を売り上げていたとみられる。

 逮捕容疑は昨年3~6月、未承認薬を20~50代の男性3人に販売した疑い。昨年6月に販売目的で未承認薬約800箱を会社に貯蔵するなどした疑いもある。

 小檜山容疑者は「他社との競争があり、売り上げをアップするためにやった」とおおむね容疑を認め、社員は「会社の指示でやった。違法性の認識はなかった」と容疑を否認している。 産経ニュース:2016.6.9 「男性ホルモン高める」未承認薬「The GOLD」販売で5億円売り上げ、3人逮捕

その他の精力剤事件事故

マカ系オススメ

クラチャイダム系オススメ

PAGE TOP